ロゴ画像

会社案内

社長挨拶

農=自然と共生する生産活動。

人と自然の最も良い関係を考えた「自然と共生する生産活動」。
これこそが当社の考える「農」のあり方です。

熱帯資源植物研究所は、1989年の創業以来、沖縄農業の可能性を探求してまいりました。
創業事業である洋ラン生産に始まり、パパイヤ、マンゴー、パッションフルーツ、ウコンなど当社が資源植物と定義する作物に生産品種を拡大してまいりました。
そしてその過程で、農業及び農産加工品生産における有用微生物の活用ノウハウを蓄積し、その成果を日本国内はもとより遠くはヨーロッパのお客さまに届けてまいりました。
自然の生命力に満ちた資源植物と、その可能性を最大限に引き出すための有用微生物の応用技術。
そして常に価値ある商品づくりを実現するための研究開発。
この3つを核に、事業活動に取り組んでおります。

農業生産法人株式会社熱帯資源植物研究所

代表取締役

農業生産法人株式会社熱帯資源植物研究所

代表取締役社長

農=自然と共生する生産活動。

人と自然の最も良い関係を考えた「自然と共生する生産活動」。
これこそが当社の考える「農」のあり方です。

熱帯資源植物研究所は、1989年の創業以来、沖縄農業の可能性を探求してまいりました。
創業事業である洋ラン生産に始まり、パパイヤ、マンゴー、パッションフルーツ、ウコンなど当社が資源植物と定義する作物に生産品種を拡大してまいりました。
そしてその過程で、農業及び農産加工品生産における有用微生物の活用ノウハウを蓄積し、その成果を日本国内はもとより遠くはヨーロッパのお客さまに届けてまいりました。
自然の生命力に満ちた資源植物と、その可能性を最大限に引き出すための有用微生物の応用技術。
そして常に価値ある商品づくりを実現するための研究開発。
この3つを核に、事業活動に取り組んでおります。

会社概要

会社名農業生産法人株式会社熱帯資源植物研究所
英文社名Tropical Plant Resources Institute,Inc
設立年月日1989年3月
資本金3000万円
代表取締役名護健
従業員数43名(2021年3月現在)
所在地〒904-2205 沖縄県うるま市字栄野比1212-4
TEL098(972)4661
FAX098(972)3648
事業内容農業生産事業
食品製造
農業ならびに食品の研究開発
本社関連施設本社
栄野比農場
糸満農場
沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター
関連会社熱帯資源植物研究所ダイレクト販売株式会社
北沖貿易(北京)有限責任公司
琉球バイオリソース販売株式会社

沿革

1989年 3月
有限会社熱帯資源植物園設立
1990年 10月
商号変更 有限会社熱帯資源植物研究所
1994年 3月
代表取締役 名護東一郎就任
1994年 6月
健康食品製造・販売事業開始(EM・Xほか)
2005年 11月
株式会社に改組
2008年 10月
代表取締役 名護健就任
2009年 12月
糸満農場:有機JAS認定取得
2012年 1月
農業生産法人株式会社に改組
2013年 6月
中国・北京市に現地法人「北沖貿易(北京)有限責任公司」を設立
2014年 6月
本社内に新工場完成
2015年 2月
食品安全マネジメントシステム(FSMS)国際規格「ISO22000:2005」認証取得
2016年 8月
琉球バイオリソース販売株式会社をグループ会社化
2020年12月
食品安全マネジメントシステム(FSMS)国際規格「ISO22000:2018」認証取得

食品安全方針

1 私たちは、私たち自身の家族にも安心して与えられる、「安全」「高品質」な商品を作り続けます。
2 私たちは、私たちの事業活動に関係する全ての法令を遵守し、それを私たちのお取引先にも求めます。
3 私たちは、私たちの事業活動に関係する全ての人々との誠実な意見交換と情報交換を通じて、食品安全をより高い水準で保証するための知識と知見の継続的な獲得に努めます。
4 私たちは、食品安全に向けた生産設備・生産環境・業務手順の最適化を進めるために、ISO22000:2018に基づく食品安全マネジメントシステムを構築維持します。
5 私たちは、現状に満足せず、食品安全マネジメントシステムが適切かつ有効に機能しているかを定期的に検証し、その継続的な改善を実施します。
6 私たちは、食品安全方針の周知徹底をはかり、食品安全に関する明確な目標を掲げて日々研鑽します。

アクセス

Google Map

〒904-2205 沖縄県うるま市字栄野比1212-4
那覇空港から約35km離れた沖縄本島中部、うるま市にあります。
車を利用の場合には那覇空港から沖縄自動車道を通って約60分が目安になります。

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

TOP